光回線契約とプロバイダ契約に潜む危険

ネット回線はとにかくややこしいです。

光回線やADSL、ISDNというような回線そのものの種類があって、さらにNTTやフレッツ光といった回線業者があり、その上それを配信するプロバイダと呼ばれる業者がいくつも存在しています。

これはぷららであったりau光であったり、BIGLOBEであったりが有名ですね。

初心者にとってはとくに回線業者とプロバイダの違いがよくわからないということが多いと思います。

カードの明細を見ると、回線業者とは別にプロバイダへの料金も支払っていることになっていて『はて?』と思った方も多いと思われます。

まず回線業者ですが、正直こちらは現在都市部では光回線が主流ということもあり選択肢も少なく、契約の際に迷うことは少ないでしょう。いくつかある業者を選択した上でマンションタイプやホームタイプ、データ転送量で分けられるプランを選ぶだけであるため、これが直接回線そのものの速度に影響することはほとんどありません。

よっぽど自宅における業務等で超高速、大容量の回線を使用しないかぎりは、一般的な家庭用のプランを選択するだけで十分だといえます。

一方で、最も初心者にとって難しい選択が含まれるのが、プロバイダ契約です。このプロバイダには先に述べたとおりに膨大な業者があり、様々な面でしのぎを削っています。

一般的に夜間に速度が遅くなったり、通信制限に引っかかってしまうというようなトラブルはこのプロバイダによって発生している場合が多いです。

契約料、通信料も業者によって大きく異なるため、しっかりと見極めて選択する必要があるのです。

また、こういったプロバイダ業者は詐欺まがいの行為が横行している世界でもあります。高齢者を狙って高額な回線を契約させたりするプロバイダ業者が跡を絶たず、大きな社会問題となっているのです。

手口としては、NTTやauといった大手通信会社の代理店を騙って、ネット回線を契約している家庭に電話をかけて、通信料が新プランでかなりお安くなる等という触れ込みで、強引にプロバイダを変更してしまいます。

こういった場合には、回線が弱く尋常じゃないほどに遅く、解約料も法外に高いため、中々解約にも踏みきれないほどのプロバイダと契約させられてしまうのです。こうした自体に遭遇してしまった場合は、焦らずに消費者センター等に連絡して話をつけてもらうことにしましょう。

違法性は認知されているので、一般的な解約料で契約を撃ち切ることが出来ます。そして何より、普段から怪しい電話の上手い誘いには決して乗らないように心がけましょう。